弱った体に活力を与える酵素が多い伝統の発酵食品

伝統的な製法で作られる発酵食品は、冷蔵庫がなかった時代に先人たちが編み出した生活の知恵によって生まれたものです。

納豆や味噌、イワシの糠漬け、甘酒などがあります。

発酵食品には人間の体に活力を与える酵素が無数に含まれているため、健康のために欠かせない食材です。

 

胃腸の調子を整えるために納豆や糠漬けなどの発酵食品を食べれば、酵素の働きによって整腸作用が働いて便秘を解消して活力を得ることができます。

納豆汁は、昔は万能的な効能がある食べ物としても利用されていたほど栄養価が高いものですが、酵素や納豆菌の相乗効果で腸内の善玉菌の働きも助ける効果も発揮するものです。

 

活力が足りないと思った時には、大豆100%の原料で作られる豆味噌を食べるのがおすすめです。

味噌は戦国時代には武将が戦場で食べるサバイバル食でもあり、酵素が豊富なために胃薬の代わりにもなっていたものです。

 

豆味噌の場合は、麦麹や米麹を使うのではなく、豆麹と大豆を使うためにタンパク質が特に豊富になります。

豆味噌は3年ほどの年月をかけて発酵させて作るもので、旨味成分のアミノ酸の宝庫でもあります。

米味噌や麦味噌にも酵素が豊富で、おかずにもなる金山寺味噌も活力源になる酵素が豊富で貴重な食品です。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ