活力がなく育児疲れのママにすすめたい食品はコレ!

育ち盛りの子供は疲れを知らずに遊びまわるもので、母親のほうは育児疲れで困ることもあります。

このようなときには、活力源となる栄養を食品から摂取して、疲れを癒やすことが大切です。

活力源としてオススメな食品は、大豆や米などを発酵させて作る味噌です。

 

味噌の歴史は古いもので、戦国時代には武将の活力源となっていました。

万能薬的な効能がある味噌は、肉食が一般的でなかった時代には最高のスタミナ食品でした。

 

夏場であれば、ナスやピーマンを多めの油で炒めてから、味噌と砂糖だけで味付けをした料理が最高です。

この料理はナスの油味噌と呼ばれるもので、昔は農家の人の活力源でした。

最後の仕上げに酢を少しだけ加えてナスの油味噌を作れば、疲労回復効果がさらに高くなります。

 

味噌を使ったスタミナ料理としては、味噌カツが絶対におすすめです。

愛知県の郷土料理ですが、これほどスタミナが豊富な料理も珍しいものです。

味噌カツに使うのは、大豆100パーセントの原料で醸造する豆味噌(八丁味噌)です。

 

豆味噌は、かつては織田信長や豊臣秀吉などの武将のエネルギー源でもありました。

豆味噌をたっぷりと使った甘辛い味噌ダレをトンカツにかけて食べれば、豆味噌と豚肉の必須アミノ酸をバランスよく摂取することができて、活力源を取り入れることができます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ