健康食品で不足しがちな活力を補おう!

活力が衰えてきたときには、アミノ酸やクエン酸などの疲労回復成分が不足しがちになるため、食品から積極的に補う必要があります。

おすすめなのは、植物性タンパク質の宝庫の豆味噌を使った料理です。

牛スジ肉を豆味噌の味付けで煮込んで食べれば、動物性と植物性のタンパク質を効果的に摂取できて、丈夫な筋肉を作ることができます。

 

クエン酸を摂取するためには、昔から疲労回復効果が高いことで有名な梅干しの力を借りることが有効です。

梅干しに胡麻をたっぷりと混ぜて、麦飯の上にのせて食べます。

梅干しのクエン酸と胡麻のタンパク質が活力源となるだけでなく、麦飯に含まれるビタミンB1と炭水化物のおかげでエネルギー代謝を促進できます。

クエン酸と取ることで、乳酸をエネルギーに変えて、さらなる活力を生み出すこともできます。

 

江戸時代には夏の飲料として親しまれていた甘酒を飲むこともおすすめです。

甘酒にはアミノ酸やブドウ糖が豊富に含まれ、ビタミンやミネラルもバランスよく含まれています。

夏場には冷やした甘酒にヨーグルトを混ぜて飲めば、疲労回復効果が極めて高い飲み物になります。

伝統的な甘酒にはアルコールが含まれないものですから、お酒が飲めない人でも甘酒の効能を利用できます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ