活力が出る食品といえば

活力が出る食品といえば、タンパク質やビタミンB1が豊富な豚肉がおなじみです。豚肉は値段が安くて、疲労回復効果が高い食材として重宝されています。

夏場の蒸し暑い時期には豚肉を使った料理を食べて活力をつけて、体力を回復させることが有効です。

 

豚肉の疲労回復効果をさらに高めるためには、クエン酸が豊富な梅干しと合わせることが効果的です。

豚肉のしゃぶしゃぶに梅肉ソースをかけて食べれば、豚肉のビタミンB1と梅干しのクエン酸が相乗効果を発揮して、エネルギー代謝を高めてくれます。

豚肉と梅干しの組み合わせは、昔から夏バテ予防に効果があるとされ、庶民の間で積極的に食べられてきました。

 

活力が出る食品として、欠かすことができないのは豚肉だけでなく、うなぎもあります。

うなぎは昔は日本中の河川や用水路で取れたもので、海から離れた地域であっても貴重なタンパク源として利用されてきました。

今では数が減って高級食材になりつつありますが、スタミナがあるため根強い人気があります。

 

うなぎにはビタミンやミネラルが豊富に含まれ、各種のアミノ酸も豊富です。

土用の丑の日にはうなぎを食べる習慣が江戸時代からありますが、これも蒸し暑い日本の夏を乗り越えるための知恵です。

 

サプリメントでいえばマカもオススメです。

マカは活力系の根野菜です。

マカサプリメントをお探しの場合は

マカのことなら【マカ研究所】おすすめ!マカ・サプリメントの選び方

を参考にしてみてください。

 

活力がある人が意識してとっている食品とは

活力をつけるには、朝食を食べるのが大事だと良く耳にします。
しかし、毎日朝食を食べている人の中にも、活力に溢れている人と全く感じられない人がいるのも事実。

この違いは一体どこから来るものなのでしょうか。

 

実は、朝食を食べること自体が大事なのではなく、活力に溢れている人には意識してとっている食品があったのです。

それは、ご飯と味噌汁といった代表的な日本の朝食。

日本の朝食はとても栄養のバランスがとれており、理想的な食事だと言えます。

 

特にご飯と味噌汁には、米のタンパク質に不足しているリジンを大豆のタンパク質が補い、逆に大豆のタンパク質に不足しているメチオニンを米のタンパク質が補うという関係があり、総合的なアミノ酸のバランスを良くします。

 

さらに、焼き海苔や納豆には食物繊維やビタミン、カルシウムが豊富に含まれており、腸内環境を整えてくれます。

腸は第二の脳とも呼ばれる大事なところなので、腸内環境を整えることは、活力アップに繋がる重要な要素だと言えるでしょう。

 

日本で昔から続いている食生活には、きちんとした理由があったのです。

毎日朝食を食べているのに、活力が湧いてこないという方は、こうした日本の朝食を食べるように心がけてみてはいかがでしょうか。

 

活力のある毎日を目指すために

活力アップのために効果のあるサプリメントや食品を摂ることは大切ですが、しっかりとその栄養を吸収して活かせる身体作りがそもそも大切です。

酵素は不足しがちなものですが人間にとってとても大切な役割を果たします。

食物酵素は生野菜や穀物などに多く含まれています。

酵素を食事からたくさんとって不足分を補うことにより、病気になりにくい基礎的な体を手に入れることができます。

酵素サプリメントの中では快朝酵素がとても人気でおすすめです。

参考サイト:【快朝酵素】の効果とは?口コミなどで話題のサプリはまさに快調酵素!

 

酵素をたっぷりとって活力あふれる毎日を目指しましょう!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ